戻る

補償内容および重要事項説明

重要事項説明書〔契約概要・注意喚起情報のご説明〕
総合生活保険(傷害補償)にご加入いただく皆様へ

ご加入前に必ずご理解いただきたい大切な情報を記載しています。
必ず最後までお読みいただき、本内容を保険の対象となる方全員にご説明ください。
※ご不明な点や疑問点がありましたら、《お問い合わせ先》までご連絡ください。

[マークのご説明]

  • 保険商品の内容を
    ご理解いただくための事項

  • ご加入に際してお客様にとって不利益になる事項等、特にご注意いただきたい事項

この保険のあらまし(契約概要のご説明)

■名称:ヘルスケアサポート【総合生活保険(傷害補償)】

■契約者:株式会社NTTドコモ

■被保険者(保険の対象となる方)の範囲:dアカウントユーザーで本契約にお申込みいただいた方

■募集期間: 2019年7月1日〜2019年9月30日

■補償期間:2019年10月1日午後4時〜2019年11月30日午後4時

■保険金額:入院保険金 日額1,000円

交通事故等により被保険者(保険の対象となる方)がケガをされた場合に引受保険会社から保険金をお支払いします。基本となる補償およびその他の主な特約等は以下の通りです。

ご加入前におけるご確認事項

1 商品の仕組み

この保険は、団体をご契約者とし、団体の構成員等を保険の対象となる方とする一般包括契約です。保険証券を請求する権利、保険契約を解約する権利等は原則としてご契約者が有します。基本となる補償等は本重要事項説明および加入申込画面等に記載のとおりです。ご契約者となる団体やご加入いただける保険の対象となる方ご本人の範囲等につきましては、上記をご確認ください。

2 基本となる補償および主な特約の概要等

基本となる補償の“保険金をお支払いする主な場合”、 “保険金をお支払いしない主な場合”や主な特約の概要等につきましては、以下をご確認ください。

●基本となる補償

傷害補償(ケガに関する補償)+交通事故傷害危険のみ補償特約

交通事故等*1により、被保険者がケガ*2をした場合に引受保険会社から保険金をお支払いします。

*1 交通事故等とは以下のものをいいます。

・運行中の交通乗用具(自転車、自動車、電車、バス、航空機、船舶等)との衝突、接触等の交通事故

・運行中の交通乗用具に搭乗している間の事故

・乗客として駅の改札口を入ってから出るまでの駅構内における事故

・作業機械としてのみ使用されている工作用自動車との道路通行中の衝突、接触等の事故

・交通乗用具の火災による事故 等

*2 ケガには、有毒ガスまたは有毒物質による急性中毒を含みます。ただし、細菌性食中毒およびウィルス性食中毒は含みません。なお、職業病、テニス肩のような急激性、偶然性、外来性のいずれかまたはすべてを欠くケースについては、保険金お支払いの対象となりませんのでご注意ください。

保険金支払の対象となっていない身体に生じた障害の影響等によって、保険金を支払うべきケガの程度が重大となった場合は、その影響がなかったときに相当する金額を引受保険会社からお支払いします。

引受保険会社から保険金をお支払いする主な場合およびお支払いしない主な場合は以下のとおりです。
なお、この保険には、死亡または通院に対する補償はありません。

●保険金をお支払いする主な場合

入院保険金

医師等の治療を必要とし、事故の日からその日を含めて180日以内に入院された場合
⇒入院保険金日額に入院した日数(実日数)を乗じた額をお支払いします。ただし、事故の日からその日を含めて180日を経過した後の入院に対してはお支払いできません。また、支払対象となる「入院した日数」は、1事故について180日を限度とします。
※入院保険金が支払われる期間中、さらに別のケガをされても入院保険金は重複してはお支払いしません。

手術保険金

治療を目的として、公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表により手術料の算定対象として列挙されている手術*3または先進医療*4に該当する所定の手術を受けられた場合
▶入院保険金日額の10倍(入院中の手術)または5倍(入院中以外の手術)の額をお支払いします。ただし、1事故について事故の日からその日を含めて180日以内に受けた手術1回に限ります。*5

●保険金をお支払いできない主な場合

・地震・噴火またはこれらによる津波によって生じたケガ

・被保険者の故意または重大な過失によって生じたケガ

・保険金の受取人の故意または重大な過失によって生じたケガ(その方が受け取るべき金額部分)

・被保険者の闘争行為・自殺行為・犯罪行為によって生じたケガ

・無免許運転、麻薬等を使用しての運転、酒気帯び運転をしている場合に生じたケガ

・脳疾患、疾病または心神喪失によって生じたケガ

・妊娠、出産、早産または流産によって生じたケガ

・外科的手術等の医療処置(保険金が支払われるケガを治療する場合を除きます。)によって生じたケガ

・自動車等の交通乗用具を用いて競技、試運転、競技場でのフリー走行等を行っている間に生じた事故によって被ったケガ

・むちうち症や腰痛等で、医学的他覚所見のないもの

・グライダー、飛行船、超軽量動力機、ジャイロプレーン等に搭乗している間に生じた事故によって被ったケガ

・職務として荷物等の積込み作業、積卸し作業または整理作業をしている間のその作業によるケガ

・職務として交通乗用具の修理、点検、整備、清掃をしている間のその作業によるケガ

・極めて異常かつ危険な方法で交通乗用具に搭乗している間のケガ 等

*3 傷の処置や抜歯等お支払いの対象外の手術があります。

*4 「先進医療」とは、公的医療保険制度に定められる評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所等において行われるものに限ります。)をいいます(詳細については厚生労働省のホームページをご参照ください。)。なお、療養を受けた日現在、公的医療保険制度の給付対象になっている療養は先進医療とはみなされません(保険期間中に対象となる先進医療は変動する可能性があります。)。

*5 1事故に基づくケガに対して入院中と入院中以外の両方の手術を受けた場合には、入院保険金日額の10倍の額のみお支払いします。

3 保険金額の設定

この保険での保険金額は、あらかじめ定められています。

4 保険期間および補償の開始・終了時期

ご加入の保険契約の保険期間および補償の開始・終了時期については、上記≪この保険のあらまし(契約概要のご説明)≫等をご確認ください。

5 保険料の決定の仕組みと払込方法等

この保険制度において、保険料負担はありません。

6 満期返れい金・契約者配当金

この保険には満期返れい金・契約者配当金はありません。

ご加入時におけるご注意事項

1 告知義務

以下事項は、ご加入に関する重要な事項(告知事項)ですので、正確にご回答ください(東京海上日動の代理店には、告知受領権があります。)。お答えいただいた内容が事実と異なる場合や告知事項について事実を記載しない場合は、ご加入を解除し、保険金をお支払いできないことがあります。
※通知事項については「Ⅲ-1通知義務等」をご参照ください。
なお、告知事項は、お引受けする商品ごとに異なります。お引受けする商品ごとの告知事項は下記をご確認ください(項目名は商品によって異なることがあります。)。


[告知事項・通知事項一覧]
●告知事項 
総合生活保険(傷害補償):他の保険契約等*1
*1 この保険以外にご契約されている、この保険と全部または一部について支払責任が同一である保険契約や共済契約をいいます。他の保険契約等がある場合、そのご契約の内容によっては、東京海上日動にて保険のお引受けができない場合があります。この保険にご加入いただく場合は、既にご加入いただいている同種の保険契約および共済契約と合算して、入院保険金日額が30,000円を超えない場合にのみご加入可能です。

2 クーリングオフ

ご加入される保険は、クーリングオフの対象外です。

ご加入後におけるご注意事項

1 通知義務等

[通知事項]

ご加入者の住所等を変更した場合は、遅滞なく《お問い合わせ先》までご連絡ください。

2 解約されるとき

ご加入を解約される場合は、《お問い合わせ先》までご連絡ください。

3 保険期間終了後、加入を制限させていただく場合

●保険金請求状況や年齢等によっては、次回以降の加入をお断りしたり、引受条件を制限させていただくことがあります。

その他ご留意いただきたいこと

1 個人情報の取扱い

●保険契約者である企業または団体は引受保険会社に本契約に関する個人情報を提供いたします。引受保険会社および引受保険会社のグループ各社は、本契約に関する個人情報を、保険引受の判断、本契約の管理・履行、付帯サービスの提供、他の保険・金融商品等の各種商品・サービスの案内・提供、アンケート等を行うために利用する他、下記①から⑥の利用・提供を行うことがあります。なお、保健医療等の特別な非公開情報(センシティブ情報)の利用目的は、保険業法施行規則により、業務の適切な運営の確保その他必要と認められる範囲に限定されています。

①本契約に関する個人情報の利用目的の達成に必要な範囲内で、業務委託先(保険代理店を含みます。)、保険仲立人、医療機関、保険金の請求・支払いに関する関係先、金融機関等に対して提供すること

②契約締結、保険金支払い等の判断をするうえでの参考とするために、他の保険会社、一般社団法人日本損害保険協会等と共同して利用すること

③引受保険会社と引受保険会社のグループ各社または引受保険会社の提携先企業等との間で商品・サービス等の提供・案内のために、共同して利用すること

④再保険契約の締結、更新・管理、再保険金支払等に利用するために、再保険引受会社等に提供すること

⑤質権、抵当権等の担保権者における担保権の設定等に係る事務手続きや担保権の管理・行使のために、その担保権者に提供すること

⑥契約の安定的な運用を図るために、加入者の保険金請求情報等を契約者に対して提供すること

詳しくは、東京海上日動火災保険株式会社のホームページ(http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/)および他の引受保険会社のホームページをご参照ください。

●損害保険会社等の間では、傷害保険等について不正契約における事故招致の発生を未然に防ぐとともに、保険金の適正かつ迅速・確実な支払を確保するため、契約締結および事故発生の際、同一の保険の対象となる方または同一事故に係る保険契約の状況や保険金請求の状況について一般社団法人日本損害保険協会に登録された契約情報等により確認を行っております。これらの確認内容は、上記目的以外には用いません。

2 ご加入の取消し・無効・重大事由による解除について

●ご加入者、保険の対象となる方または保険金の受取人が、暴力団関係者その他の反社会的勢力に該当すると認められた場合には、東京海上日動はご加入を解除することができます。

●その他、約款等に基づき、ご加入が取消し・無効・解除となる場合があります。

3 保険会社破綻時の取扱い等

●引受保険会社の経営が破綻した場合等には、保険金、返れい金等の支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されることがあります。

●引受保険会社の経営が破綻した場合には、この保険は「損害保険契約者保護機構」の補償対象となり、保険金、返れい金等は、補償内容ごとに下表のとおりとなります。

保険期間 経営破綻した場合等のお取扱い
1年以内 原則として80%(破綻保険会社の支払停止から3か月間が経過するまでに発生した保険事故に係る保険金については100%)まで補償されます。
1年超 原則として90%まで補償されます。ただし、破綻後に予定利率等の変更が行われた場合には、90%を下回ることがあります。

4 その他ご加入に関するご注意事項

●東京海上日動の代理店は東京海上日動との委託契約に基づき、保険契約の締結・契約の管理業務等の代理業務を行っております。
したがいまして、東京海上日動の代理店と有効に成立したご契約については東京海上日動と直接締結されたものとなります。

5 事故が起こったとき

●事故が発生した場合には、直ちに《お問い合わせ先》までご連絡ください。

●保険金のご請求にあたっては、約款に定める書類のほか、以下の書類または証拠をご提出いただく場合があります。

・印鑑登録証明書、住民票または戸籍謄本等の保険の対象となる方、保険金の受取人であることを確認するための書類

・東京海上日動の定める傷害もしくは疾病の程度、治療内容および治療期間等を証明する保険の対象となる方以外の医師の診断書、領収書および診療報酬明細書等(東京海上日動の指定した医師による診断書その他医学的検査の対象となった標本等の提出を求める場合があります。)

・他の保険契約等の保険金支払内容を記載した支払内訳書等、東京海上日動が支払うべき保険金の額を算出するための書類

・高額療養費制度による給付額が確認できる書類

・附加給付の支給額が確認できる書類

・東京海上日動が保険金を支払うために必要な事項の確認を行うための同意書

●保険の対象となる方または保険金の受取人に保険金を請求できない事情があり、保険金の支払いを受けるべき保険の対象となる方または保険金の受取人の代理人がいない場合は、保険の対象となる方または保険金の受取人の配偶者*1または3親等内のご親族(あわせて「ご家族」といいます。)のうち東京海上日動所定の条件を満たす方が、保険の対象となる方または保険金の受取人の代理人として保険金を請求できる場合があります。本内容については、ご家族の皆様にご説明くださいますようお願いいたします。
*1 法律上の配偶者に限ります。

●保険金請求権には時効(3年)がありますのでご注意ください。

●損害が生じたことにより保険の対象となる方等が損害賠償請求権その他の債権を取得した場合で、東京海上日動がその損害に対して保険金を支払ったときは、その債権の全部または一部は東京海上日動に移転します。

事故が発生した場合のご連絡先は、
以下をご参照ください。

東京海上日動火災保険株式会社

保険の内容に関するご意見・ご相談等は《お問い合わせ先》にて承ります。

  • 一般社団法人 日本損害保険協会 そんぽADRセンター(指定紛争解決機関)

    東京海上日動火災保険(株)は、保険業法に基づく金融庁長官の指定を受けた指定紛争解決機関である一般社団法人日本損害保険協会と手続実施基本契約を締結しています。
    東京海上日動火災保険(株)との間で問題を解決できない場合には、同協会に解決の申し立てを行うことができます。
    詳しくは、同協会のホームページをご確認ください。(http://www.sonpo.or.jp/)

    0570-022808(通話料有料)

    IP電話からは03-4332-5241をご利用ください。
    受付時間 : 平日 午前9時15分〜午後5時
    (土・日・祝日・年末年始はお休みとさせていただきます。)

本説明書はご加入いただく保険に関するすべての内容を記載しているものではありません。詳細につきましては、「総合生活保険 普通保険約款および特約」に記載しています。必要に応じて、団体までご請求いただくか、東京海上日動のホームページでご参照ください(ご契約により内容が異なっていたり、ホームページに保険約款を掲載していない商品もあります。)。ご不明点等がある場合は、《お問い合わせ先》までご連絡ください。

[契約についてのお問い合わせ先・事故発生時のご連絡先]

≪お問い合わせ先≫

●ドコモのプチほけんお問い合わせセンター

電話番号:0120-033-375

受付時間:午前10時〜午後6時(土日・祝日を除く)

※一部のIP電話からは接続できない場合があります。

東京海上日動のホームページのご案内

www.tokiomarine-nichido.co.jp

ご加入内容確認事項(意向確認事項)

本確認事項は、万一の事故の際に安心して保険をご利用いただけるよう、ご加入いただく保険商品がお客様のご希望に合致した内容であること、ご加入いただくうえで特に重要な事項を正しくご入力をいただいていること等を確認させていただくためのものです。

お手数ですが以下の各質問事項について再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。

なお、ご確認にあたりご不明な点等がございましたら、《お問い合わせ先》までご連絡ください。

1.保険商品が以下の点でお客様のご希望に合致した内容となっていることを加入内容画面・重要事項説明書等でご確認ください。万一、ご希望に合致しない場合はご加入内容を再度ご検討ください。

□ 保険金をお支払いする主な場合

□ 保険金額、免責金額(自己負担額)

□ 保険期間

□ 保険の対象となる方

2.ご加入者様情報等の入力につき、以下の点をご確認ください。万一、入力漏れ、入力誤りがある場合は、入力内容を訂正してください。また、下記事項に関し、現在のご加入内容について誤りがありましたら、《お問い合わせ先》までご連絡ください。

【すべての商品に共通してご確認いただく事項】

□ 「他の保険契約等」は正しく告知いただいてますか?

3.重要事項説明書の内容についてご確認いただけましたか?

特に「保険金をお支払いしない主な場合」、「告知義務・通知義務等」についてご確認ください。

付帯サービスについて

1.下記のサービスは引受保険会社の提携会社を通じてご提供します。

2.サービスメニューは、予告なく変更・中止となる場合があります。なお、一部の地域では、ご利用いただけないサービスもありますので、あらかじめご了承ください。

3.サービスのご利用にあたっては、提携会社の担当者に「お名前」、「ご連絡先」、「団体名(=契約者であるNTTドコモ)」をお伝えください。

ご利用の際はサービスのお問い合わせ先にご連絡ください。

● メディカルアシスト

お電話にて各種医療に関するご相談に応じます。また、夜間の救急医療機関や最寄りの医療機関をご案内します。

ご相談の対象は、保険期間中にご相談内容の事柄が発生しており、かつ現在に至るまで保険契約が継続している場合で、被保険者(保険の対象となる方をいい、法人は除きます。)、または被保険者の配偶者・親族(以下相談対象者といいます。)に日本国内で発生した身の回りの事象(事業活動等を除きます。)とし、相談対象者のうちのいずれかの方からの直接の相談に限ります。

● サービス内容

(1)緊急医療相談(受付時間:24時間365日)

常駐の救急科の専門医および看護師が、緊急の医療相談に24時間お電話で対応します。

(2)予約制専門医相談 (事前予約制。予約受付時間:24時間365日))

様々な診療分野の専門医が、輪番予約制で専門的な医療・健康電話相談をお受けします。

(3)医療機関案内 (受付時間:24時間365日)

夜間・休日の受付を行っている救急病院や、旅先での最寄りの医療機関等をご案内します。

(4)転院・患者移送手配 (受付時間:24時間365日)

転院されるとき、民間救急車や航空機特殊搭乗手続き等、一連の

手配の一切を承ります。(実際の転院移送費用は、お客様にご負担いただきます。)

(5)がん専用相談窓口 (受付時間:24時間365日)

がんに関する様々なお悩みに、経験豊富な医師とメディカルソーシャルワーカーがお応えします。

※本サービスは医療行為を行うものではありません。また、ご案内した医療機関で受診された場合の費用はお客様のご負担となります。

※「配偶者」には、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方および戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある方を含みます。婚約とは異なります。

※「親族」とは、6親等以内の血族・3親等以内の姻族をいいます。

● お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-708-110